マキノブログ

めんどくさがり。

アポを終えて

後ろを振り返ってばかりいて、
何かを作り上げることはできない。
景色なんて見ずに、ゴールなんて求めずに、
ただただ足を止めないこと。

わたしにできるのはそれだけだ。

 


思想は残らない。

人の一生に、爪痕を残すのだ。

アポとアポの合間に

過ごしやすい天気だ。
日差しが優しく降り注ぎ、
風がふわふわと身体を撫でる。

関西へ来て二度目の五月だ。
去年は何を思って過ごしていただろうか。

 

今の私は、結婚を前に、

ようやく安定した仕事が楽しくなり、

私はこの現状が変わることに

抵抗を感じている。

それと同時に、パソコンのデータのように

簡単に更新できないわたしのステータスに

不満を抱えていた。

 

無理矢理に話を進めようと

マンションの下見に行き、

実家に帰省する約束をこぎつけ、

大切な仕事の資格試験の日にちと

被ってしまった。

 

「焦る必要なんてないのに。」

 

人生生き急いだら残るのは死だけだ。

わかっているのに、

更新されないわたしのデータを

繰り返し開き、目で追ってはまた閉じた。

 

自分は一体何がしたいのだろう。

 

否、考えたくないのだ。

 

冷めたコーヒーをすすって、

マキノは次のアポ先へ歩き出した。

 

仕事の不満を料理に例えると。

はい、どうも。マキノです。

いやね、仕事の不満を料理に例えてるんだけどさ、

 

レシピ見たら見た通りにしっかりできるんだけど、

レシピなしで初めて見た食材を並べられただけだと

何から手を付けて良いのかわからない

 

食べたことある料理だったら、食感や味を想像して

どっから取り掛かるかだいたいわかるしやってみれるけど、

食べたことなかったらまるでやりようがない。

 

どちらにしても、失敗して材料無駄にするのは馬鹿らしいと思うわけよ。

 

自分の持ってる知識を知恵振り絞ってどう活かして

完成形に近づけるかが仕事の醍醐味なわけだけど、

 

効率ってもんがあるでしょう。

 

時短とさらなる発展重視で行こうぜ。

まぁいちからなぞってく中にそれがあるのかもしれんが、

少なくとも末端社員への要求と違うと思うわ。

 

突然こんな始まり方したブログですけど、

世間へ物申したいことをきままに書いていこうかな。

 

よろしくおねがいします。